このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラケットに関して

歯の矯正をするためには、ブラケットと呼ばれる装置を矯正したい歯に装着します。
このブラケットですが、いくつか種類があります。
矯正歯科では、どのブラケットを使用するかについて、患者に選択させてくれるケースも多いです。

そこでブラケットの種類とそれぞれの持つ特徴について、理解しておきましょう。
まずオーソドックスな歯科矯正で使用されるブラケットは、金属ブラケットです。

金属製のブラケットで、昔から使用されているタイプです。

30年くらい前までは、金属ブラケットのワンメイクでした。

もし大人の方で子供の時に矯正している友達を見かけた場合、キラキラ歯の所が光っている矯正装置を嵌めている光景を見たことがある人もいるでしょう。
これが金属ブラケットです。

金属ブラケットの場合、見たことがある人はお分かりだと思いますが、口を開けるとはっきりと矯正していることが分かるほど目立ちます。
このため、口を開けることにコンプレックスを持ってしまう人もいるかもしれません。
しかし金属の場合強固に歯を矯正してくれるので、効果は高いです。

このため、現在でも金属ブラケットで矯正をする患者はたくさんいます。
プラスチックブラケットは、プラスチック製のブラケットのことを指します。
プラスチックにすることで、金属ブラケットのような見た目で目立つ問題をクリアできます。
しかし金属と比較するとプラスチックはどうしても強度の部分で問題があります。
このため、かみ合わせを続けることで摩耗をしてしまうとか、ワイヤーの力に負けてしまうようなリスクもあります。
歯科治療のいろいろな場面で、セラミックが使われます。
被せもの治療をする時にセラミックが使われることも増えてきています。
実は矯正治療でもセラミックを使用することがあり、セラミックブラケットと呼ばれています。
矯正治療をする時に、口元が目立つのが嫌という人は多いです。

セラミックブラケットは、いくつかあるブラケットの中でも最も見た目が自然で、口元のコンプレックスが持ちづらいと言われています。
ただしセラミックの特性がネックになることもあります。
セラミックは歯と比較して、強度が高いです。

このため、ブラケットを外す時に、エナメル質の所が壊れてしまうリスクがありますので、注意しましょう。
またリンガルブラケットは、歯の裏側から矯正する装置です。

リンガルブラケットをすることで、表側からはブラケットが一切見えなくなるので、ビジュアル性が高く人気になっています。

お勧めの歯科関連情報サイト!

  • 夜間使用的保養油基礎知識、請從這裡!

Copyright (C)2017いくらかかる?歯科技術料金の話.All rights reserved.