このエントリーをはてなブックマークに追加

成人矯正の特徴

中には、大人になってから歯科矯正を行う人もいます。
成人矯正は子供の歯科矯正とはまた違った治療が実施されます。
子供の歯科矯正の場合、ブラケットを装着する方法が一般的です。

ブラケットを前歯の所に装着することで、歯の生え方を強制的に調整する方法を取るのが一般的です。

しかし成人矯正の場合、治療法の選択肢を広げることができます。
非金属製のブラケットを装着したり、リンガルブラケットと言って、歯の裏側からブラケットを装着できるので、見栄えをあまり悪くせずに済むような治療法を活用することができます。
また子供の矯正の場合、全体的に矯正治療をするのが一般的です。

ところが成人矯正になると、部分的に矯正をすることができます。
例えば、前歯だけを矯正することができたり、抜歯をすることで一部の歯並びを調整したりすることもできるようになります。
ごく限られた箇所の矯正をすれば、矯正にかかる期間も短くすることができます。
しかし成人矯正をする時には、いろいろと注意すべきポイントもあります。
まず子供と比較して時間がかかってしまいます。
子供の場合、歯も成長過程の中で矯正をするので、歯が動きやすく矯正がしやすいです。

所が成人してしまうと、すでに歯の成長も止まってしまっています。
その結果、なかなか歯を動かすことができなくなります。
このため、子供の歯科矯正と比較して、治療期間が長引いてしまうのです。

部分矯正であれば、短期間で済ませることもできますが、全体的な矯正をする場合にはかなりの期間が必要になります。
成人矯正の場合治療期間が長くなるので、口腔内の健康を損ねるリスクも高くなります。
装置を歯に装着することで、磨き残しなどが起こり、口腔内の衛生状態が悪くなってしまう可能性が高まります。
その結果、口内炎を引き起こしやすくなったり、歯周病などが起こりやすくなったりなどのデメリットも生じやすくなります。
そこで、医者から常日頃の歯のケアについての注意点がいろいろと提示されるはずです。

このアドバイスに従って、デンタルケアを通常よりも一層気を引き締めて行う必要があります。
成人矯正をすることで、見た目の印象をアップさせる効果があります。
顔つきがシャープになり、見た目の印象が良くなることも期待できます。
またかみ合わせが整うことで、肩コリや腰痛などが治る効果も期待できます。
デメリットもありますが、成人矯正にはいろいろなメリットもありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

Copyright (C)2017いくらかかる?歯科技術料金の話.All rights reserved.