このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正歯科医と経験

基本的に歯医者として活動をしている人であれば、矯正歯科の標榜ができます。
しかしではどの歯医者でも満足の良く歯科矯正の治療が受けられるかと言うとそうではありません。
大学では、矯正治療についての講義があるのですが、あくまでも授業を受けるスタイルが中心となります。
つまり実際に患者に対して治療する機会を得ていない歯医者の方もたくさんいるのです。

そこで矯正歯科医を選ぶ時には、矯正治療の勉強を専門的に行っているかどうかを確認する必要があります。
矯正歯科医として高いスキルを持っている人を見てみると、いったん大学を卒業して、さらに矯正治療の勉強をするために大学もしくは大学院に入り直している人が多いです。

矯正治療ですが、すぐに身に付くようなスキルではありません。
一般的に3年程度勉強をして、必要な歯科矯正についてのスキルをマスターする形になります。
タイポドントと呼ばれる、人工の歯が付いている模型を使って、練習をするのですが、この練習をするだけでもマスターするまでに1年はかかってしまいます。
そこからさらに実際の生身の人間を使って治療をするスキルを磨くことになれば、さらに1〜2年程度かかってしまうのです。

矯正治療だけでも、3年習得するまでに時間がかかってしまいます。
歯医者であれば誰でもこなせるような治療ではないことを理解しておいてください。
矯正歯科医選びをする時には、その医者の経歴をチェックすることです。

大学で3年以上にわたって、矯正治療専門で勉強をしてきた経験を有しているかどうかを確認することです。

現在ではきちんとした歯医者であれば、ホームページを持っていて、その中で自らの経歴を紹介していることが多いです。

インターネットで矯正治療の下積みがあるかどうかの確認をしましょう。
中には、クリニックで臨床する中で経験を積んでスキルを磨くことができるのではないかと思っている人もいるでしょう。
しかしクリニックでスキルアップをするには限界があると思って下さい。
一般の歯医者で矯正治療を受けても、なかなか歯並びを治すことができないと悩みを抱えている人も多いです。

そのような人の中には、クリニックを変えて、そこで再治療する羽目になってしまったというケースもあります。
その分余計に治療費のねん出もしないといけなくなってしまいます。
きちんと矯正治療の経験を有している歯医者かどうか事前に確認することは、大変大切なことなのです。

Copyright (C)2017いくらかかる?歯科技術料金の話.All rights reserved.